大切な家を守るための「外壁塗装」のラジカル制御塗料について

青い外壁の家

CHOICES ARTICLE

お薦めの「ラジカル制御塗料」の耐久年数

大切な家を守るためには、外壁塗装は重要となります。外壁塗装は家をもつ人のお好みなどにより、どのようにするかを決定します。また業者さんからのお薦めの塗料など、言われることもあると思います。工事の代金とも、大きく関係する外壁塗装となります。外壁の種類や塗料などで代金も違いがでてくるのですが、外壁の仕上げの後にも後悔をしたくないものです。
基本的によく使われている外壁塗装を耐久年数順に言いますと、フッ素系塗料。シリコン系塗料・ウレタン系塗料・アクリル系塗料となります。人気の高いもので、シリコン樹脂系塗料があります。最近はシリコン系塗料の値段下がることにより、シリコン塗料を選ぶ人が多いのです。特徴としては、耐久性が高く耐久年数が長い外壁塗装に入るのです。比較的に新しい塗料としてお薦めの「ラジカル制御塗料」というものがあります。費用はフッ素塗料よりもお安く、耐久年数は人気あるシリコンより上の塗料となります。特徴としては、また科学的に外壁の寿命の延長を考えたものとなります。塗料の中にある酸化チタンと言われる物質が紫外線を吸収し、そしてよけいなラジカル分子を発生させるものです。
外壁塗装を長持ちさせるためにも、塗料内の樹脂成分の破壊を考えラジカルを抑えるものなのです。

外壁塗装にお得なプランとしてSPR工法

外壁塗装を行う事で、完成がきれいに見えるものです。外壁塗装の出来上げった作業をみても、素人には外壁塗装の質を判断するにも難しいものがあります。外壁塗装への代金を支払うにも、材料費と手間代とが入ります。入念な作業と仕上がりの塗料にも満足したいものです。
外壁塗装の理想の出来上がりとは、がっちりと密着していることが良いものとなるのです。厚みに対しても、見た目が悪くならない程度で、塗料が垂れる状態などないものが良い仕上げとなります。外壁塗装は、通常は3工程の下塗り・中塗り・上塗りとなります。ダイヤSPR工法での場合は2工程仕上げが出来るものです。2工程で行い、中塗りの1工程を短縮したものです。1工程少ない分の、作業費と材料費とを抑えるメリットがあるのです。その中塗りを省いた仕事とは、下地材の特殊開発した高機能専用プライマーと高耐久のスーパーセランとの組み合わせをすることにあります。下塗りがSPR専用プライマーすることにより、そのあとの上塗りをダイヤスーパーセラン1回で十分な耐久性を発揮するものです。
SPR工法は、適用素地があるものとなります。コロニアル屋根や窯業系サイディングなどに適用します。金属系のサイディングパネルには、SPR工法は向かなく3工程の工法となります。

悪質な外壁塗装業者の手抜き工事

外壁塗装をしてもらうために外壁塗装業者を選んでいく事になりますが、神戸市には悪質な業者が混ざっている事があるので注意していかなければいけません。悪質な業者と契約してしまって外壁塗装をしてしまうと手抜き工事をされてしまうのでしっかり確認しておきましょう。
まず外壁塗装をする前に元々塗られている塗料の除去を行いのが基本なのですが、悪質な業者はこの作業を省略してしまう事があります。この作業を省略されてしまうと早い劣化の原因となる可能性もあります。しかも新しく外壁塗装してしまえば見えなくなってしまうので見分ける事も難しく注意しておかなければいけません。
次に塗料の節約のために水で薄める悪質な業者もあります。水で薄めると節約の他に広い面積を早く濡れるので悪質な業者にとってはメリットになってしまい外壁塗装してもらう側にとってはデメリットになってしまいます。また工賃を節約するために乾燥する前に重ね塗りをする場合もあるので注意しておきましょう。
悪質な業者はよく訪問する傾向がありますが、その時にあまりにも条件が良過ぎる言葉には注意しましょう。大幅な値引きとか耐久年数が50年続くとかそういう事を宣伝して訪問しているのでひっかからないように気をつけましょう。

POSTLIST

TOP